広くて快適に感じさせるインテリア

>

鏡を活用した視覚効果による広さ

鏡を活用することでより広く見せる

お部屋を広く見せるインテリアとして鏡もオススメのアイテムです。
鏡によって、部屋はさらに広く見えることができます。
ただしここでも使い方にポイントがあります。
鏡を活用する際には、床の広がりを感じさせるため、なるべく床が入るように配置することが大切です。
加えてリビングなどは、外光が鏡に映ってお部屋を明るくさせられるように配置することも忘れてはいけません。
鏡の起き場所は、外光とお部屋の広がりを感じる位置に、それもなるべく違和感なく感じる場所に配置することです。
そしてもうひとつ。配置する鏡の角度にも注意しましょう。
姿見などの鏡の場合は鏡にたてかけたり、はめ込んだりして配置しますが、配置方法によっては鏡に傾斜がかかる可能性があります。
傾斜があるとお部屋の広がりを感じる効果が半減してしまいます。
空間の広がりを見せるなら、壁にまっすぐ配置するよう配慮しましょう。

色による視覚効果

人は色によって空間を広く感じることがあります。
とくに光と調和するような色合いは、昼間の外光や夜の照明などの光と組み合わさって、よりお部屋の広さを感じさせるのに効果的です。
そのため、こうした光と相性の良い色合いを壁紙に取り入れると良いでしょう。
特にオススメは白色や白に近い淡い色合いにすること。
これは壁紙だけでなく天井も同じ色に統一することをオススメします。
白系の淡い色合いは、外光を受けると明るく感じ、壁全体がまるでレフ版のような効果を発揮します。
お部屋が明るくなると、お部屋を一回り明るくみせるため、こうした効果を活用することもお部屋を広くするのに良い手法でしょう。
この場合、お部屋の窓にも壁紙と統一感を感じるような同系色のカーテンをつけてあげると、より広がりを感じます。


この記事をシェアする