広くて快適に感じさせるインテリア

空間を使って広く見せるインテリアの工夫

今の環境を生かして広々空間へ

お部屋の中を広く見せるためには、まずお部屋の中で圧迫感の感じるものを変化させることが大切です。リビングならソファーやサイドボード、寝室ならベッドなど、そのお部屋それぞれに影響する家具があるもの。まずは何が原因となっているのかを見極め、解消することから始めましょう。

ローテイストの家具選び

お部屋のインテリアによってお部屋の広がりを変化させることができます。そのためにはお部屋を広く感じられるインテリアを選ぶことが大切です。とくにくつろぎも大切なお部屋の場合には空間の広がりと共に、使いやすさも大切。どんな家具を選ぶと良いのか、そのポイントをご紹介します。

鏡を活用した視覚効果による広さ

家具だけでなく、お部屋の広がりを感じるためには、お部屋のインテリア全体への配慮も欠かせません。お部屋に広がる空間をより良くするには、壁紙やカーテン、またお部屋に入る外光なども活用して、全体を上手に使い空間を大きく見せる配慮も大切です。そこでオススメの壁紙やインテリアについてご紹介します。

大きな家具は圧迫感を感じさせない配置へ

今のお部屋に足りないもの、不足に感じているものは何かと聞かれたとしましょう。
この質問に多くの方が、もっと広さのある部屋にしたいと口にします。
しかし、そもそもその部屋はそれほど狭くなかったはずではないでしょうか。
なのにいつの間にか、今お悩みになっている狭さを感じるようになっている。
それは何故でしょう。
モノが増えたという場合もありますが、多くのケースはインテリアや家具の配置方法で部屋を狭く感じてしまっているのです。
もちろんものが増えてしまったという場合でも大丈夫です。
広々としたお部屋作りに効果的な家具選びをするだけで、今より家具を増やしても今よりもっと広く感じるお部屋を作ることができます。
そのために大切なのは、どの家具をどこに配置すると良いか、そして色やアイテムをお部屋に似合うものに選択しているか、これらのポイントを押さえているかどうか、これがお部屋を広くさせるのに大切です。
極端な話、こうしたポイントを押さえていれば、他のお部屋よりも家具が多かったとしても、そのお部屋は広く見える場合があるのです。
不満を抱えている方も、お部屋の空間をより広く見せるための方法を知り、そのポイントを押さえたインテリアを選び配置することで、お部屋に感じていた問題点を解消し、くつろぎを感じるお部屋作りをすることができます。
なるべくお金を掛けずにお部屋の空間を広々とさせたいという方にも取り入れやすいよう、リフォーム工事などの手間をかけず手に入るインテリアや活用法を用いた空間を広く見せる方法などについてもお伝えしていきます。